葬儀の今後

神社

葬儀に対する考え方が変化してきています

現実的なことを考えると、日本人の中には無宗教の人がかなりたくさんいます。しかし、生前に特定の宗教を信仰していたわけではなくても、死亡後に葬儀が営まれる際には、何らかの宗教形式にのっとった形で葬儀が執り行われるのが普通です。全く宗教色を出さないということになると葬儀が成立しなくなってしまう可能性があるため、亡くなった人に信仰心があったかどうかに関わらず、特定の宗教儀式が行われるようになるのが一般的です。従来からよく行われてきた形式の葬儀にはマニュアルのようなものがありますので、ある意味で面倒がありません。しかし、だいたい200万円前後の葬儀費用がかかると言われています。世間体を取り繕うために、特に信仰もしていない宗教儀式を行って、200万円もの葬儀費用を支払うことを疑問に感じる人が多くなってきました。人々の考え方の変化に呼応する形で、様々な形の葬儀プランを用意する業者が多くなってきており、葬儀費用にも幅が生まれてきています。

今後の葬儀はどうなっていくのか

葬儀には、故人の霊を慰めるという機能と、残された遺族に故人の死の事実を受け入れさせるという機能の両方が備わっています。亡くなった人との関係が深ければ深いほど、なかなかその死を受け入れることができません。大きな悲しみと喪失感に襲われてしまい、長い間、立ち直ることができずに苦しみ続ける人もいます。そのような遺族の再生を側面から後押しするという機能を葬儀は有しているのです。高額の葬儀費用をかけて立派な葬儀をあげたからといって、必ずしも遺族の悲しみが癒されるわけではありません。それよりも、故人と過ごす最後の時間を充実させて、次の一歩を踏み出せる力を得たいと考える人が多くなってきました。そのため、今後の葬儀は古いしきたりに縛られない、新しい形式のものが増えていくだろうと考えられています。