葬儀に必要な費用

引越しの準備

葬儀費用は安く見積もっていると大変

葬儀費用は一般的に100万から200万以上かかります。葬儀費用30万円のプランがあったとしても、そこにはさまざまなカラクリが存在するからです。最初にあがってくるのが、葬儀会社への支払ですが、それ以外にも実にさまざまな葬儀費用があります。葬式に訪れた方からは香典をいただくので、当然引き出物や香典返しが必要になります。また「お布施」と言って、仏教であれば僧侶にお経を読んでもらうとその費用も必要になってきます。さらに注意が必要なのは、「通夜ぶるまい」や「精進落し」といった来席者との会食費です。人数が多いほど、その額も膨らみます。また、遺体を病院などから移送する場合にもお金がかかりますし、近所の方などに葬儀の手伝いを頼むと「心づけ」といって費用が発生するので注意が必要です。

知っておくと便利な豆知識

最近では家族のみで葬儀を行う家族葬や火葬のみを行う火葬式があります。家族葬や火葬式だと葬儀費用が香典返しなどの費用もあまりかからず、10万円から30万円くらいに抑えることも可能です。また互助会や保険を上手く使って、争議費用を抑えるのも賢い手です。また「生前前契約」と言って、生きているうちに自分にあったプランで葬儀の契約をすることもできます。どうしても費用面で葬式をあげられそうにないという場合は、「市民葬」を利用することも賢い判断です。「市民葬」は役所に「死亡診断書」を提出することで利用可能なサービスです。「市民葬」を利用することによって、葬儀費用を安く抑えることができます。また、相続の話になると、葬儀費用は相続財産から差し引くことができるので、覚えておいて損はないでしょう。